調査内容

アンド・ディ トップページ > 低アルコール飲料味覚評価調査

調査課題・目的

クライアント

アルコール飲料メーカー

調査目的

低アルコール飲料の味覚・パッケージのリニューアルの効果を時系列・定点で測定し、PDCAサイクルを回す際の基礎資料とする。

問題意識

  • 自宅で飲む自然な状況で、銘柄Aの味覚はどのように評価されるだろうか?
  • 前回調査で明らかになった課題はリニューアルによってどこまで解決されているだろうか?

調査・分析方法

調査方法

WebモニターへのHUT(ホームユーステスト)
モニターの自宅に当該飲料を送付、期間内に普段と同じように飲用してもらい、その評価をWebアンケートで回答する。

調査対象

20~50代の男女 計80名回収

調査からの知見・アクション

当該銘柄のリニューアルのポイントについての評価を採取でき、リニューアルが目的通りの効果を発揮していることが確認できた。
また、今後のプロモーションで消費者にどのような飲用シーンの提案をしたら良いかについての知見が得られた。

Page Top