調査内容

アンド・ディ トップページ > 低アルコール飲料ブランド管理調査

調査課題・目的

クライアント

アルコール飲料メーカー

問題意識

  • 低アルコールの銘柄Aは、どのような人が飲んでいるのか?
  • 競合と比べて、飲まれているシーンや持たれているイメージはどのように違うのか?
  • 銘柄Aの強み・弱みはどこか?
  • 今後、よりシェアを広げていくための、コンセプトやパッケージの修正ポイントはどこか?

調査・分析方法

調査方法

Web調査

調査対象

低アルコール飲用者を抽出するため、事前にスクリーニング調査実施 20~50代 男女 計600名

調査からの知見・アクション

当該銘柄の飲用者の特徴として、他の飲料カテゴリーの飲用状況、他銘柄の併飲状況、飲用シーン、コンセプト案への反応などから、機能ベネフィット、情緒ベネフィットのうち何を強化したら競合と差別化できるのかについて知見が得られた。
また、あるカテゴリーとのイメージポジションが近いのにもかかわらず、それほど併飲されていないことから、シェア拡大の方向性について把握できた。

Page Top